新橋店

News

2019.09.30

タイ王室が唯一認めるシンハービールを新橋で!

タイ料理の印象はトムヤムクンに代表されるように辛いものが多いですが、実はそうではありません。辛くない料理としては、カオマンガイやパッタイ等があります。このようにタイ料理には、幅広い味付けの料理が存在します。そんな幅広い料理によく合うお酒というと、ビールではないでしょうか。日本にも美味しいビールはたくさんありますが、実はタイにも美味しいビールがあります。今回はその中の一つであるシンハービールについて紹介します。

王室が唯一認めるシンハービール

シンハービールとは由緒あるビールで、なんと1933年にタイで生まれました。1939年にはタイ王室が認めた証である王室を象徴する神鳥ガルーダを授かり、ラベルに刻んでいます。1970年代以降にタイへの旅行者が増えたことで知名度が上がり、醸造所も小規模なものから成長していき、今では世界50ヶ国以上で飲まれるようになりました。また、ビール評論の書籍である世界の一流ビール500にも選ばれるほどの実力を兼ね備えています。

一番搾りから醸造し100パーセント大麦モルトで作られているため、独特で豊かな香りを楽しめるのがこのシンハービールの特徴です。バランスが取れたスパイシーな味わいと苦味、すっきりとした後味が感じられるため、まさにエスニックなタイ料理にピッタリのビールと言えます。

都内でも珍しい生シンハービールを新橋で!

日本でのビールと言えば樽や缶が一般的ですが、シンハービールには樽生というものがあります。これは日本では中々手に入らず、タイ料理店でも取り扱いがレアな一品で、タイ本国においても珍しいものとなっています。そして、この生シンハービールを取り扱っているのがタイ屋台カオカオカオです。

このカオカオカオでは、生シンハービールだけではなくフォトジェニックなバケツビールも人気のメニューです。1リットルほどのバケツに並々と注がれたビールにストローを刺して、氷を入れて飲みます。氷でキンキンに冷えたビールをストローで飲む光景は間違いなく写真映えする光景です。新橋周辺で生シンハービールやバケツビールを飲んでみたくなったら、カオカオカオ新橋店にお越しください。カオカオカオではビールだけでなく、本場タイで学んだシェフによる本格タイ料理を楽しむことができます。本場の味にこだわって再現されており、内装もまるでタイの屋台に来たような活気あふれる雰囲気があります。是非、ご友人や大切な方ともお越しくださいませ。